いつもありがとうござます、野瀬建築です。

O様より、会社事務所の雨漏りによる外壁張り替えをご依頼頂きました。

雨漏りというと普通は雨が直接当たる屋根からと考えがちですが、実は外壁に問題や原因があることも多いのです。

屋根からの雨漏りの場合、大抵の場合は天井に雨染みができるので発見しやすいのですが、外壁からの雨漏りは殆ど横方向には移動しないので、お部屋の壁に明らかな雨染みができにくいため発見が遅れる場合があります。

そして、長時間の放置により気付いた時には外壁内部が腐食していたというケースも少なくはありません。

本日は、外壁のトタンを全て剥がして断熱材の上に丈夫な防水シートを貼り付けていきます。

完成まで数日を要しますので、改めて完成画像は掲載させていただきます。

通常、どんな素材の外壁も時間の経過とともに劣化が進行し、雨漏りを引き起こす原因となることもあります。

ひとたび雨漏りがはじまると、補修しない限り、永続的に建物内部に水が入り続けることになります。その被害は生活に支障をきたすだけではなく家の内部に入り込むことにより、柱などの躯体を腐食させていきます。その結果、家の寿命を大きく縮めてしまうこともあるのです。

「雨漏りかな?」と思ったら、まずは住まいのプロに雨漏りの被害や進行状況、補修の必要性等を診てもらうのがお勧めです。

リフォームのご相談は経験豊富な当社まで。

有限会社 野瀬建築
三重県津市高茶屋七丁目6番36号
フリーダイヤル 0120-34-1829