いつもありがとうございます、野瀬建築です。

長年に渡りご贔屓いただいておりますM様邸のリフォーム施工開始いたしました。

初日の本日は、浴室まわりから。

入念な打ち合わせをしながら、進めていきます。

本日私の重要な仕事は、養生シート貼り付け。

施主様宅に僅かな傷をも付けないよう、汚れないよう丁寧に隅々まで敷いていきます。

築年数の古い家の浴室はタイル張りの床が多くみられますが、タイルには保温効果がないため、冬場の浴室はとてもヒヤッとしますよね。

またタイルの欠け、ひび割れや浴槽との間のすきまをそのままにしてしまうと、壁や床の内部へ水漏れしてしまう危険性があります。

さらに、柱・床下のなど建物の基礎部分を劣化させる原因にもなり得ます。

◆浴室周りの床がやわらかくなってきてる

◆浴室のドア廻りの木が腐ってきている

◆浴室の外の基礎が湿っている

などがあれば危険信号。是非ともユニットバスへのリフォームをお勧めいたします。

ユニットバスは浴槽やシャワーのお湯を外部に排水するため、タイル張り浴室のように土台や柱を腐らせる事がありません。

また最近のユニットバスは壁面パネルや床の断熱性能が向上し、冷たさを感じにくい床材や保温力のある浴槽が取り入れられた商品もあります。

ヒヤッとするお風呂から暖かいお風呂へ。

 

浴室のリフォームのご相談は経験豊富な弊社まで。

有限会社 野瀬建築
三重県津市高茶屋七丁目6番36号
フリーダイヤル 0120-34-1829