いつもありがとうござます、野瀬建築です。

津市内には、沢山の鰻屋があります。

津市は海に面していて、志登茂(しとも)川、安濃(あのう)川、岩田川、雲出(くもず)川という河口の大きな1級・2級河川があり、栄養豊富な水に恵まれていたことから、戦前から養殖が始まり、市民の日常食としても身近なものになったそうです。

ところで、建築業界では土用の丑の期間「土の気が盛んになる」と言われ、基本的に工事の着工は行いません。

土用の丑の日とは、立春・立夏・立秋・立冬の年に4回それぞれ前18日間をいいます。

この期間中は、土公神(どこうしん)という土地の神様が、すべての事を支配するため、神様の気持ちを害さないように土を動かしたり、土木工事に着手すること、壁を破る事を避けなければならないと言われてきました。

この期間は、それ以外の施工や今後の予定について施主様と入念に打ち合わせなどをしていきます。

本日も、木造住宅耐震促進啓発活動として施主様宅に伺いました。

津市では、木造住宅を対象に無料耐震診断をおこなっており、補強工事に必要な補助を受けることができます。

いつ発生してもおかしくないといわれている東海・東南海・南海地震。いざという時のために、まずは住まいの耐震化に取り組みましょう。
 

 

耐震診断についての詳細、申請についてのご相談は弊社までご連絡ください。

有限会社 野瀬建築
三重県津市高茶屋七丁目6番36号
フリーダイヤル 0120-34-1829