長年暮らしていく中で、住宅に関する悩みはどうしても発生します。

老朽化や、新しい設備が世間に出てきたり、という、時間を経たことでの悩みはもちろん、家族構成が変わることでの生活環境の変化もあるでしょう。
住宅の購入時に何か妥協していた方などは、その妥協が日々の生活の中で、次第に大きく積もっていくこともあります。

ただ、そうは言っても、出費やいろいろな手間などを考えると、いきなり建て替えたり、買い替えたりという行動にはなかなか出にくいものです。そういった、住まいに関する悩みを解決するのが、住宅リフォームです。

住宅建築の総合業者だからこそ、屋外や屋根、キッチンや水回りの修繕工事から、間取り変更の増改築まで、住まいのリフォームならすべてお任せいただけます。

長年暮らしていく中で、住宅に関する悩みはどうしても発生します。

老朽化や、新しい設備が世間に出てきたり、という、時間を経たことでの悩みはもちろん、家族構成が変わることでの生活環境の変化もあるでしょう。
住宅の購入時に何か妥協していた方などは、その妥協が日々の生活の中で、次第に大きく積もっていくこともあります。

ただ、そうは言っても、出費やいろいろな手間などを考えると、いきなり建て替えたり、買い替えたりという行動にはなかなか出にくいものです。そういった、住まいに関する悩みを解決するのが、住宅リフォームです。

住宅建築の総合業者だからこそ、屋外や屋根、キッチンや水回りの修繕工事から、間取り変更の増改築まで、住まいのリフォームならすべてお任せいただけます。

昨今、住宅リフォームという分野には、様々な業者が進出しています。 住宅建築業者はもちろん、不動産業者や電気工事/販売業者、ホームセンターまで乗り出してきています。 これだけ各社が進出してきている住宅リフォームですが、実際にどんな業者なら信頼できるでしょうか?

私たちは住宅建築の専門家ですただ言えるのは、どんな業者に発注されても、最終的に現場で工事を行うのは、弊社のような住宅建築業者なのです。 その点を考えると、ひとつの問題提起ができます。 住宅建築業者以上に、住宅の事を知っている業者は、果たしてどのくらいいるでしょうか?

弊社は、注文木造住宅を手がけていますので、住宅のことなら隅から隅まで、すべてを知り尽くしています。 しかも、工事を手がけるのは自社の職人たちです。 だからこそ、安心の価格クオリティでの住宅リフォームをご提供いたします。

戸建ての木造注文住宅を手がける弊社ですので耐震施工も、もちろん自信があります。

実際の施工技術ももちろんですが、加えて弊社は、NPO法人三重県木造住宅耐震促進協議会登録の耐震診断員でもあります。
あなたのお住まいに、地震についての不安がおありでしたら、ぜひご相談ください。
専門家の目で、しっかりと判定させていただきます。

キッチンに関するよくあるご相談

台所で長時間立っていると疲れるのですが……

毎日のお料理やお片付けの中では、いろいろな動きをされていると思います。そういった動きには、実はとても体に負担がかかりやすい動作が多くあります。

たとえば流いものひとつとっても、どうしても下向きで長時間の作業になりますので、背中や腰への負担があります。
そんな場合、流し台の高さを見直すだけでも、ずいぶんと変わるものです。
身長はみなさんそれぞれ違いますので、ご自身に合った流し台を探されるといいでしょう。

また最近では、座ったままで台所仕事ができるよう、キャスターが付いた椅子とセットになっているシステムキッチンなどもあり、以前に比べて、選択肢がとても広くなっています。

油汚れの掃除を楽にできませんか?

毎日のお料理と油汚れは、なかなか切っても切れませんね。
ですが、最近のシステムキッチンや台所パネルには、そういった油汚れのお手入れがとても楽にできるものがございます。
いずれも、サッと拭くだけで油汚れのおそうじができますので、毎日でも苦になりにくいですよ。

ガスと電気は、どちらの方がいいの?

昨今、ガス会社・電気会社とも、資源節約と二酸化炭素削減のために、色々な最新技術を盛り込んだ新製品を出していますね。

ただ、どのご家庭も、それぞれライフスタイルが違いますので、ガスと電気のどちらの方が、とは、一概に答えが出せるものではありません。
家族構成や生活時間帯などによっても違いが出てくるのです。

ですので、ぜひ一度ご相談ください。
ご家庭のご事情に合わせて、どちらの方がより良くなるのかを、一緒に考えさせて頂きます。

冬場の台所の寒さはどうにかなりますか?

少し前の作りのお台所では、水回りの足元はどうしても冷えてしまいがちですね。
ですので、現在の床材を張り替えるだけでもずいぶんと変わります。
また、台所に導入できる床暖房などもありますので、ぜひご検討ください。

トイレに関するよくあるご相談

和式トイレを洋式に変えたいのですが・・・

和式トイレから洋式へのリフォームの場合、今の床や便器をすべて撤去して作り直すことになりますので、少々大がかりにはなりがちですが、それによってトイレ空間をゆったりと広くする事もできますので、リフォーム後の毎日の暮らしには、充分なメリットも生じます。

なお、リフォームを機に温水便座も、となりますと、場合によってはコンセント増設の電気工事も必要になります。

高齢者に使いやすいトイレはありますか?

腰や膝のことを考えれば、やはり洋式トイレがもっとも負担なく使って頂けます。最近では便座のフタも自動で開閉でできるものがあり、さらに楽にご利用頂けます。
また、トイレ空間の壁に、立ち座りが楽になるように手すりをつけたり、扉を引き戸にして敷居の段差を軽減するなどのリフォームもご好評頂いています。

温水洗浄トイレの維持費は?

温水洗浄トイレは、水を温める方法、洗浄方法などが省エネタイプに改善されています。特に、従来はすぐ使えるように温水をタンクに貯めていたのですが、瞬間湯沸かし式にすることでタンクをなくしたタイプが主流になっているため、保温維持費と水道代は、従来のものにくらべて軽減化されています。
実際にどのくらいの維持費になるかは、ご家庭それぞれの家族構成とライフスタイルで変わってまいりますので、一度ご相談ください。

浴室に関するよくあるご相談

お風呂場にも床暖房が組み込めると聞いたのですが

冬場のお風呂場は、本当に寒いですね。
湯船に浸かった後も、洗い場に出るのをためらってしまいますし、せっかく温まったからだが冷えてしまいそうですね。
そこで、お風呂の洗い場に組み込める温水式の床暖房がとても好評です。
ガス給湯と電気給湯、どちらにもこういった床暖房システムがありますので、ぜひご検討ください。

浴室は狭いのですが、浴槽だけでも広くできますか?

従来の浴室用ユニットは、ほとんどがサイズを規格化されたものでしたので、狭い浴室スペースに設置できる浴槽も限られていました。
ですが最近では、広さがある程度自在になる浴室ユニットもありますので、選べる浴槽の幅も拡がりつつあります。

お風呂の床が滑りやすくて危ないのですが……

古いお家のお風呂だと、床がタイル貼りの浴室が多く、滑りやすいですね。高齢者のご家族がいらっしゃる場合、どうしても気になる点だと思います。
その場合、現在の浴室の床・壁・浴槽を撤去し、新しい浴室ユニットを組み込むことで、危険性はずいぶんと軽減します。
また、浴室ユニットを交換することで浴槽も出入りをしやすく設計されている新しいものになりますので、より湯船に浸かりやすい、快適な入浴空間が実現します。

title_icon_02住宅に関するお問い合せ、ご相談はお気軽にどうぞ
有限会社 野瀬建築
三重県津市高茶屋七丁目6番36号
フリーダイヤル 0120-34-1829
有限会社 野瀬建築
514-0819
三重県津市高茶屋七丁目6番36号