技術と素材にこだわった宮大工もこなす棟梁が、三重県産のヒノキをカンナ掛けしております。カンナの刃の微調整は長年の感覚です。最近は省かれるようになったカンナ掛けですが、棟梁はこの一手間にこだわります。仕上げは、炒った米ぬかで磨きます。この二手間で、より一層光沢が出て木材の持ちが良くなるんですよ。